女性の薄毛対策は、ズバリ!20代・30代から美髪を求めないこと!
女性は誰しも「美しくありたい」、「美しく見せたい」という願望が強いものです。
そのためにお化粧をしたり、エステなどのボディケアをしたりと、美の追求に余念がないのです。

 

女性の薄毛対策髪の毛のことで言えば、「美」をイメージさせるシャンプーやトリートメントを使ったり、人によってはパーマ、カラーリング、白髪染めといった、「髪の毛を美しく」、言い換えると
「自分を美しく見せる」ことを積極的に取り入れがちなのです。

 

ではなぜ?昨今、女性の薄毛は増加傾向にあるのでしょうか?

 

日常的なストレスや不規則な生活と睡眠不足、加えて運動不足などといった原因も
もちろんあるとは思いますが、自分自身でまず改善できることは、
「自分のヘアケアは正しいのか?」と疑ってみることです。

 

敏感肌や乾燥肌といってメイクに使う化粧品を選ぶときは、その化粧品の成分などに、
とても慎重になって選んでいると思います。

しかし、忘れてはいけないのは、顔の肌も頭皮も一枚の皮膚で繋がっているということです。

 

シャンプーやトリートメントを選ぶときに、化粧品を選ぶときと同じくらい慎重に選んでいるでしょうか?

おそらく、そこまで慎重に選んでいる方は少ないのではないでしょうか?

 

女性の薄毛対策は「美髪を求めない」ということ!

 

パーマやヘアカラー、白髪染めやシャンプー、トリートメントが髪の毛に与える影響については、
個別ページにて紹介したいと思いますが、ヘアケア商品については「美をイメージさせる商品」
という基準で選ぶことはやめましょう。

 

多くの女性は化粧品を選ぶときは、「自分の肌に合うか?」、「アレルギー症状が出る成分が配合されていないか?」というように、判断基準が「美」よりも優先されているはずです。

ヘアケア商品を選ぶときにも、「自分の頭皮にとって良いか?」という判断基準が必要です。

 

なぜなら、薄毛の対策は「頭皮環境をいかにして正常な状態に保ち続けるか」ということが非常に重要になるからです。

たとえばシャンプーは、毎日、化学物質を頭皮と髪の毛につけ続ける行為です。

このこと一つ取り上げても、ヘアケア商品の選び方は慎重に行う必要があると思いませんか?

 

女性の薄毛対策は美髪になることを求めてはいけないのです。