2014年5月の記事一覧

インスタント食品

女性の薄毛が増えてきているといわれ始めた頃と時を同じくして、女性の社会進出が著しく、社会において女性の地位はもはや男性と変わりないか、それ以上と言っても過言ではないほどになりました。

働く女性が増えると、それに伴って手軽なインスタント食品で食事を済ませてしまう女性も多くなっています。

 

インスタント食品は少し前までは食品添加物の害が指摘されていたこともありましたが、最近では改善されて健康志向のインスタント食品も増えてきています。

しかしながら、手間がかからない美味しいインスタント食品にはどうしても添加物が含まれるのは仕方のないことです。

 

こういった有害物質を含んでいるインスタント食品を食べ続けると、体内に蓄積され、内臓を形成している細胞に悪影響を与えるようになります。

そして内臓に悪影響を及ぼすということは、当然髪の毛にもその影響が及ぶことになります。

 

これらの影響と思われているのが「萎縮毛」、つまり「ちぢれ毛」です。

 

インスタント食品が出回るようになった頃を境に「突然変異奇形細胞」という異常な細胞を持つ人が増え、その人たちに共通しているのが「ちぢれ毛」なのです。

 

インスタント食品を日常的に食べ続けていると、栄養が偏りますし、体内に有害物質をどんどん補充してることになり、結果、髪の毛にダメージを与えることになります。

女性で「ちぢれ毛が多い」、もしくは「最近ちぢれ毛が増えてきたような気がする」と感じている方は、食生活を見直してみましょう。

 

インスタント食品ばかり食べていませんか?
「ちぢれ毛」は将来、女性の薄毛に変わる可能性があるのです。
インスタント食品にかかわらず、忙しくてもしっかり栄養のバランスを考えて規則正しく食事をしましょう。

食事は髪の毛だけでなく、お肌にもかなりの影響があるファクターですので、あなどってはいけません。

インスタント食品

生活習慣・食生活

女性の美髪

女性の薄毛対策は、ズバリ!20代・30代から美髪を求めないこと!
女性は誰しも「美しくありたい」、「美しく見せたい」という願望が強いものです。
そのためにお化粧をしたり、エステなどのボディケアをしたりと、美の追求に余念がないのです。

 

女性の薄毛対策髪の毛のことで言えば、「美」をイメージさせるシャンプーやトリートメントを使ったり、人によってはパーマ、カラーリング、白髪染めといった、「髪の毛を美しく」、言い換えると
「自分を美しく見せる」ことを積極的に取り入れがちなのです。

 

ではなぜ?昨今、女性の薄毛は増加傾向にあるのでしょうか?

 

日常的なストレスや不規則な生活と睡眠不足、加えて運動不足などといった原因も
もちろんあるとは思いますが、自分自身でまず改善できることは、
「自分のヘアケアは正しいのか?」と疑ってみることです。

 

敏感肌や乾燥肌といってメイクに使う化粧品を選ぶときは、その化粧品の成分などに、
とても慎重になって選んでいると思います。

しかし、忘れてはいけないのは、顔の肌も頭皮も一枚の皮膚で繋がっているということです。

 

シャンプーやトリートメントを選ぶときに、化粧品を選ぶときと同じくらい慎重に選んでいるでしょうか?

おそらく、そこまで慎重に選んでいる方は少ないのではないでしょうか?

 

女性の薄毛対策は「美髪を求めない」ということ!

 

パーマやヘアカラー、白髪染めやシャンプー、トリートメントが髪の毛に与える影響については、
個別ページにて紹介したいと思いますが、ヘアケア商品については「美をイメージさせる商品」
という基準で選ぶことはやめましょう。

 

多くの女性は化粧品を選ぶときは、「自分の肌に合うか?」、「アレルギー症状が出る成分が配合されていないか?」というように、判断基準が「美」よりも優先されているはずです。

ヘアケア商品を選ぶときにも、「自分の頭皮にとって良いか?」という判断基準が必要です。

 

なぜなら、薄毛の対策は「頭皮環境をいかにして正常な状態に保ち続けるか」ということが非常に重要になるからです。

たとえばシャンプーは、毎日、化学物質を頭皮と髪の毛につけ続ける行為です。

このこと一つ取り上げても、ヘアケア商品の選び方は慎重に行う必要があると思いませんか?

 

女性の薄毛対策は美髪になることを求めてはいけないのです。

女性の薄毛対策