2014年6月の記事一覧

女性の薄毛の悩み

女性の薄毛に悩む30代|悩み別 正しい頭皮ケアとヘアケア商品を紹介!へようこそ!

近年増加傾向にある「女性の薄毛」、どうしたら薄毛を改善し、これから薄毛にならないように予防できるのか?

 

将来、薄毛に悩まないためにも対策を講ずる必要があります。
当サイトでは、今薄毛で悩んでいる方、そして将来の薄毛の対策をしたい方、
ヘアケア・頭皮ケアの正しい方法など、詳しく紹介しています。

 

女性の薄毛対策に重要なこと

女性はメイクには気を使う方は多いですが、顔の皮膚と繋がっているのに、
頭皮のことにはあまり気を使わない傾向があり、頭皮の健康よりも、
髪の毛の美しさを重要視しているようです。

 

髪の毛の健康や頭皮の健康よりも髪の毛の美しさを気にしていませんか?

 

髪の毛の美しさのために、高級シャンプーやパーマ、ヘアカラーといった
髪の毛のおしゃれに重点を置くことが多いようです。
健康な髪を維持し、薄毛の対策をするには、もっと頭皮のことを考える必要があります

 

女性の薄毛の原因は、間違ったヘアケアによる原因や
女性特有のホルモンバランスによる原因、
さらには日常の生活習慣による原因と、様々です。

 

生活習慣や日常のヘアケアの中に薄毛の原因が隠れていることが多く、
しっかりと見つめなおしていただき、当てはまることがあったら
対策を講ずる必要があります。

 

あなたのシャンプー法や髪の毛のおしゃれは
頭皮にどのような影響を与えているのでしょうか?
正しい知識を持って薄毛対策を行いましょう

 

1日に何度もシャンプーをしたり、朝シャンをしたり、髪がサラサラしてツヤツヤになり、ほんのりいい香りがしたりと、女性にとっては魅力的に映るかもしれませんが、決して髪の毛に良いことではありません。

髪の毛や頭皮にとって優しいのは、低刺激なアミノ酸系界面活性剤シャンプーと言われています。

使ったことがない方は、将来の薄毛の予防のためにもぜひ使ってみましょう。

アミノ酸シャンプーについては、こちらのサイトで詳しく解説されています。
⇒ アミノ酸シャンプー おすすめ

 

日々のヘアケアにおいて、「頭皮が乾燥する」、「髪がパサついてまとまらない」という方は、こちらのサイトがおすすめです。
⇒ 頭皮 乾燥 対策

女性特有の脱毛症の可能性

女性の薄毛には、女性ならではの原因からくる脱毛症の可能性もあります。
近年、TVCMなどで取り上げられることが多くなった、
男性型脱毛症(AGA)なども、実は女性も発症する脱毛症です。

 

男性の場合よりも目立たない症状で、しかもゆっくり進行するために
気が付くのに時間がかかり、対策が遅れてしまうことがありますので、
注意が必要です。

 

また、産後脱毛症や鉄欠乏製貧血による抜け毛など、
女性特有の女性の薄毛で、女性に多い抜け毛の症状なので、
詳しく紹介していきたいと思います。

 

女性の薄毛は「冷え性」が原因の場合も!?

女性は体を冷やしてはいけない!とよく言われていますが、
冷え性や低体温が原因で体調不良で悩んでいるという女性は
多いのではないでしょうか?

 

低体温は、身体中のいたるところに不調を招き、
女性の薄毛に対しても悪影響を及ぼしています。

正確に言うと低体温は髪の毛の健康な成長に対して、悪影響を及ぼします。

 

低体温を改善すると、薄毛だけではなく、
様々な体調不良も改善していきますので、
体調の好循環を生み出すことができます。

当サイトでは、女性の薄毛対策と薄毛の原因と予防方法、
さらに、体質改善の方法なども詳しく紹介していきます。

おすすめのヘアケア商品なども紹介しています。

当サイトについて

市販のシャンプー

女性が好んで選んでいるシャンプーは薄毛を招く可能性が大いにあると言えます。

それは、近年、女性の薄毛が増えていることからも明らかです。

今、薄毛で悩んでいる世代は、現在の形のシャンプーが店頭で販売されるようになって、使い始めた世代だからです。

加えて、女性の社会進出などが当たり前になり、仕事上のストレスが増えたことも、若い女性が薄毛で悩むようになっている大きな要因の一つと言えます。

そもそも女性はシャンプーに何を求めているのでしょうか?

別記事の、「女性の薄毛対策は20代・30代から美髪を求めないこと」でもご説明したとおり、「美」をイメージさせるヘアケア商品を選ばないことも重要ですが、それだけではありません。

 

 
シャンプーを選ぶ基準として、「よく泡立つ」、「洗浄力がある」というシャンプーを選んではいないでしょうか?

この2つの要素は、洗髪後の「洗った感」、「サッパリ感」に関係しています。

ようするに、この2つの要素がないと、シャンプー後に「物足りなさ」が残るのです。

 

「よく泡立つ」、「洗浄力がある」というシャンプーは、多くの女性からニーズが高く、市販されているものの多くがこのニーズを満たすシャンプーで、実際によく売れるのです。

市販されているシャンプーには「泡立ち」と「洗浄力」を兼ね備えた、高級アルコール系シャンプーがほとんどで、このシャンプーの中には、「ラウリル硫酸ナトリウム」という洗浄成分が入っています。

 

 
このラウリル硫酸ナトリウムは、旧厚生省が「ごくまれに安全性に問題があり、皮膚障害を起こす恐れのある成分」と定めたものです。

洗浄力が強い分、当然、頭皮への刺激も強いシャンプーと言えます。

ラウリル硫酸ナトリウムが入ったシャンプーを使い続ける限り、頭皮への刺激を与え続けることになり、女性は将来薄毛で悩むことになります。

もう一つ要注意な成分が「ラウレス硫酸ナトリウム」という成分です。

この成分は安価なシャンプーによく使われている洗浄成分で、「ラウリル硫酸ナトリウム」ほどではありませんが、やはり頭皮の刺激は強いものです。

 

どちらの成分も洗浄力が強く、頭皮の皮脂を取りすぎてしまうために、頭皮の乾燥を招き、これが頭皮のかゆみやフケの原因になり、その結果、薄毛につながっていくのです。

 

店頭で販売されているシャンプーのほとんどが「洗浄力の強いシャンプー」ですので、市販されているシャンプーを使っている限り、「頭皮への負のスパイラル」からは抜け出すことはできません。

 

多少、高価ではありますが、ノンシリコンの天然アミノ酸シャンプーが、頭皮にとっては低刺激でおすすめできます。

 

頭皮に良くない洗浄成分

頭皮に良くない洗浄成分を紹介します。

今使っているシャンプーの裏側をチェックしてみましょう。
1.ラウリル硫酸ナトリウム(別名:ラウリル硫酸Na・ラウリル硫酸塩・ドデシル硫酸Na)
2.ラウレス硫酸ナトリウム(別名:ラウレス硫酸Na・ラウレス硫酸塩)

ヘアケア・頭皮ケア