女性の薄毛の原因の記事一覧

市販のシャンプー

女性が好んで選んでいるシャンプーは薄毛を招く可能性が大いにあると言えます。

それは、近年、女性の薄毛が増えていることからも明らかです。

今、薄毛で悩んでいる世代は、現在の形のシャンプーが店頭で販売されるようになって、使い始めた世代だからです。

加えて、女性の社会進出などが当たり前になり、仕事上のストレスが増えたことも、若い女性が薄毛で悩むようになっている大きな要因の一つと言えます。

そもそも女性はシャンプーに何を求めているのでしょうか?

別記事の、「女性の薄毛対策は20代・30代から美髪を求めないこと」でもご説明したとおり、「美」をイメージさせるヘアケア商品を選ばないことも重要ですが、それだけではありません。

 

 
シャンプーを選ぶ基準として、「よく泡立つ」、「洗浄力がある」というシャンプーを選んではいないでしょうか?

この2つの要素は、洗髪後の「洗った感」、「サッパリ感」に関係しています。

ようするに、この2つの要素がないと、シャンプー後に「物足りなさ」が残るのです。

 

「よく泡立つ」、「洗浄力がある」というシャンプーは、多くの女性からニーズが高く、市販されているものの多くがこのニーズを満たすシャンプーで、実際によく売れるのです。

市販されているシャンプーには「泡立ち」と「洗浄力」を兼ね備えた、高級アルコール系シャンプーがほとんどで、このシャンプーの中には、「ラウリル硫酸ナトリウム」という洗浄成分が入っています。

 

 
このラウリル硫酸ナトリウムは、旧厚生省が「ごくまれに安全性に問題があり、皮膚障害を起こす恐れのある成分」と定めたものです。

洗浄力が強い分、当然、頭皮への刺激も強いシャンプーと言えます。

ラウリル硫酸ナトリウムが入ったシャンプーを使い続ける限り、頭皮への刺激を与え続けることになり、女性は将来薄毛で悩むことになります。

もう一つ要注意な成分が「ラウレス硫酸ナトリウム」という成分です。

この成分は安価なシャンプーによく使われている洗浄成分で、「ラウリル硫酸ナトリウム」ほどではありませんが、やはり頭皮の刺激は強いものです。

 

どちらの成分も洗浄力が強く、頭皮の皮脂を取りすぎてしまうために、頭皮の乾燥を招き、これが頭皮のかゆみやフケの原因になり、その結果、薄毛につながっていくのです。

 

店頭で販売されているシャンプーのほとんどが「洗浄力の強いシャンプー」ですので、市販されているシャンプーを使っている限り、「頭皮への負のスパイラル」からは抜け出すことはできません。

 

多少、高価ではありますが、ノンシリコンの天然アミノ酸シャンプーが、頭皮にとっては低刺激でおすすめできます。

 

頭皮に良くない洗浄成分

頭皮に良くない洗浄成分を紹介します。

今使っているシャンプーの裏側をチェックしてみましょう。
1.ラウリル硫酸ナトリウム(別名:ラウリル硫酸Na・ラウリル硫酸塩・ドデシル硫酸Na)
2.ラウレス硫酸ナトリウム(別名:ラウレス硫酸Na・ラウレス硫酸塩)

ヘアケア・頭皮ケア

インスタント食品

女性の薄毛が増えてきているといわれ始めた頃と時を同じくして、女性の社会進出が著しく、社会において女性の地位はもはや男性と変わりないか、それ以上と言っても過言ではないほどになりました。

働く女性が増えると、それに伴って手軽なインスタント食品で食事を済ませてしまう女性も多くなっています。

 

インスタント食品は少し前までは食品添加物の害が指摘されていたこともありましたが、最近では改善されて健康志向のインスタント食品も増えてきています。

しかしながら、手間がかからない美味しいインスタント食品にはどうしても添加物が含まれるのは仕方のないことです。

 

こういった有害物質を含んでいるインスタント食品を食べ続けると、体内に蓄積され、内臓を形成している細胞に悪影響を与えるようになります。

そして内臓に悪影響を及ぼすということは、当然髪の毛にもその影響が及ぶことになります。

 

これらの影響と思われているのが「萎縮毛」、つまり「ちぢれ毛」です。

 

インスタント食品が出回るようになった頃を境に「突然変異奇形細胞」という異常な細胞を持つ人が増え、その人たちに共通しているのが「ちぢれ毛」なのです。

 

インスタント食品を日常的に食べ続けていると、栄養が偏りますし、体内に有害物質をどんどん補充してることになり、結果、髪の毛にダメージを与えることになります。

女性で「ちぢれ毛が多い」、もしくは「最近ちぢれ毛が増えてきたような気がする」と感じている方は、食生活を見直してみましょう。

 

インスタント食品ばかり食べていませんか?
「ちぢれ毛」は将来、女性の薄毛に変わる可能性があるのです。
インスタント食品にかかわらず、忙しくてもしっかり栄養のバランスを考えて規則正しく食事をしましょう。

食事は髪の毛だけでなく、お肌にもかなりの影響があるファクターですので、あなどってはいけません。

インスタント食品

生活習慣・食生活

ホルモンバランス

近年増加傾向にあると言われている女性の薄毛ですが、
薄毛で悩む女性の半数近くは男性型脱毛症(FAGA)であると
考えられています。

 

AGAという言葉を聞いた事がある方は多いとは思いますが、
一時、お笑い芸人さんがAGAの治療についてのCMに出演していたのは
記憶に新しいと思います。

 

AGAは男性型脱毛症のことですが、「男性型」と言われるだけあって、
女性とは無縁なイメージがありますが、実は女性も男性型脱毛症を
発症することがあり、しかも決して少なくないのです。

 

男性型脱毛症(AGA)のメカニズムは、男性ホルモンである「テスト
ステロン」と呼ばれる物質が「5αリダクターゼ」という酵素によって
DHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化し、毛乳頭細胞に
作用することによって発症します。

 

男性ホルモンが作用することによって起こる
男性型脱毛症がなぜ女性も発症するのでしょうか?

 

それは、私たち人間は男女問わず体の中で「男性ホルモン」・
「女性ホルモン」を作り出しているからです。

 

女性の場合は、「卵巣」や「副腎内」で男性ホルモンが
作られており、主に筋肉や体毛に影響を与えていますので、
男性も女性も男性型脱毛症を発症するのです。

 

女性男性型脱毛症は男性よりもかなり高齢になってから気付く
ケースが多いようで、気付いたときにはすでに薄毛状態に
なっていることになります。

 

女性男性型脱毛症に対する治療方法は、
男性に対する治療方法とは違います。

 

現在、男性に対する男性型脱毛症の治療方法は、
「ミノキシジルの外用とフィナステリドの内服の併用」が
最も効果が期待できるされています。

 

しかしながら、女性男性型脱毛症の治療では、
フィナステリドの使用は、深刻な副作用の可能性があるために、
使うことができません。

 

詳しくは「別ページ」でご説明します。

 

女性男性型脱毛症には、ミノキシジル外用薬での治療が一般的
なっており、国内では大正製薬から「リアップリジェンヌ」という
ミノキシジル配合育毛剤が販売されており、ドラッグストアーなどで
購入することができます。

 

まだまだ女性男性型脱毛症については解明されていないことが多く、
これからの研究が期待されます。

ホルモンバランス