ホルモンバランスの記事一覧

ホルモンバランス

近年増加傾向にあると言われている女性の薄毛ですが、
薄毛で悩む女性の半数近くは男性型脱毛症(FAGA)であると
考えられています。

 

AGAという言葉を聞いた事がある方は多いとは思いますが、
一時、お笑い芸人さんがAGAの治療についてのCMに出演していたのは
記憶に新しいと思います。

 

AGAは男性型脱毛症のことですが、「男性型」と言われるだけあって、
女性とは無縁なイメージがありますが、実は女性も男性型脱毛症を
発症することがあり、しかも決して少なくないのです。

 

男性型脱毛症(AGA)のメカニズムは、男性ホルモンである「テスト
ステロン」と呼ばれる物質が「5αリダクターゼ」という酵素によって
DHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化し、毛乳頭細胞に
作用することによって発症します。

 

男性ホルモンが作用することによって起こる
男性型脱毛症がなぜ女性も発症するのでしょうか?

 

それは、私たち人間は男女問わず体の中で「男性ホルモン」・
「女性ホルモン」を作り出しているからです。

 

女性の場合は、「卵巣」や「副腎内」で男性ホルモンが
作られており、主に筋肉や体毛に影響を与えていますので、
男性も女性も男性型脱毛症を発症するのです。

 

女性男性型脱毛症は男性よりもかなり高齢になってから気付く
ケースが多いようで、気付いたときにはすでに薄毛状態に
なっていることになります。

 

女性男性型脱毛症に対する治療方法は、
男性に対する治療方法とは違います。

 

現在、男性に対する男性型脱毛症の治療方法は、
「ミノキシジルの外用とフィナステリドの内服の併用」が
最も効果が期待できるされています。

 

しかしながら、女性男性型脱毛症の治療では、
フィナステリドの使用は、深刻な副作用の可能性があるために、
使うことができません。

 

詳しくは「別ページ」でご説明します。

 

女性男性型脱毛症には、ミノキシジル外用薬での治療が一般的
なっており、国内では大正製薬から「リアップリジェンヌ」という
ミノキシジル配合育毛剤が販売されており、ドラッグストアーなどで
購入することができます。

 

まだまだ女性男性型脱毛症については解明されていないことが多く、
これからの研究が期待されます。

ホルモンバランス