女性 薄毛 髪型の記事一覧

a0002_005170_m

女性の薄毛が進行した髪型の多くは、頭頂部を中心に
全体的に広がる「びまん型」と呼ばれる髪型です。
男性の薄毛のパターンとは大きく違います。

 

女性に多い薄毛は、男性の薄毛とは異なり、いわゆる「ハゲ」の
状態ではなく、頭頂部を中心に髪型が全体的に薄くなり、
分け目やつむじが目立つようになってきます。

 

女性の薄毛は全体的に、しかもゆっくりと薄毛が進行するために、
男性の薄毛よりも気がつくのが遅く、結果、薄毛の対策が遅れがちで、
気がついたときには髪の毛全体のボリュームがなくなっている
ということが少なくありません。

 

男性に多い脱毛症や薄毛は、
前頭部の生え際が徐々に後退していく「M字型のハゲ」と呼ばれるタイプと
頭頂部がハゲてしまう「O字型のハゲ」のタイプ、
そしてその両者が同時に起こる「複合型のハゲ」のタイプです。

 

これらはいわゆる男性型脱毛症(AGA)という脱毛症で、
男性ホルモンの影響を受けています。

 

それに対して女性の薄毛は、「女性型脱毛症」や
「女性男性型脱毛症」と呼ばれ、頭頂部を中心に
全体的に薄毛になるタイプで、「びまん型」と呼ばれています。

 

この女性男性型脱毛症(びまん性脱毛症)は、
男性のタイプが「AGA」と言うのに対して、女性は「FAGA」と呼ばれ、
女性ホルモンの影響を受けて引き起こされています。

女性の薄毛について